インプラント・入れ歯

いつまでも健康な歯で食べて、しゃべって、笑えるように

健康な歯を保つことは、将来の健康と生活の質の向上に大きく関係します。日本人は歯周病や虫歯で歯を失ってしまうケースが非常に多く、平均すると80歳で約8本の歯しか残っていません。歯周病や虫歯は細菌の感染によって引き起こされる病気ですので、正しく予防すればトラブルを未然に防ぐことができます。では、いつまでも健康な歯を守るためには何をすればいいのでしょうか?

口臭が気になること、ありませんか?

人に言われてはじめて気づく方も多い「口臭」は、歯周病のサインかもしれません。口臭の原因には、歯に残った汚れや食べかすによるもの、 歯周病などお口の病気によるものなどがあり、その原因を正しく見極めなければ改善できません。なかには、 周囲はそれほど気にしていないのに自分の口臭が気になって仕方がないという、精神的な部分に起因するケースもあります。

口臭を放置しているうちに、歯周病がどんどん進行してしまう可能性があります。口臭でお悩みの方、 口臭が気になる方は、氷川台の歯医者「梅田歯科クリニック」へお早めにご相談ください。検査によって口臭の原因を突き止め、最適な治療のご提案をいたします。

虫歯は予防が大切です

歯を失う理由はひとつに限りませんが、適切な処置をしていれば防ぐことができる要因もあります。 それが、虫歯と歯周病です。これらは細菌感染による病気なので、きちんと予防をすれば健康な歯を守ることができます。

予防に対する意識が高い欧米では80歳の時点で平均20本の歯が残っているのに対し、日本では80歳になるころには平均8本ほどの歯しか残っていないというデータがあります。 歯が果たす役割や歯の大切さは、欧米の人も日本人も変わりません。私たちも80歳の時点で20本以上の歯を残すことができるよう、 正しいホームケアを続けつつ、定期健診でしっかりとメインテナンスを受ける必要があります。

定期健診を受けるメリット
  • 病気を予防できます
    病気を防ぐことにつながるだけでなく、たとえ何らかのトラブルが見つかっても早期発見につながります。
  • キレイになります
    クリーニングによって爽快感が味わえます。また、口臭の予防や軽度の着色汚れを落とすことも可能です。
  • 患者様の負担が減ります
    治療時の痛みや治療回数、治療時間、治療費など、患者様のさまざまな負担軽減につながります。

歯科医院で定期的にメインテナンスを受けることで、虫歯や歯周病をはじめとするお口の小さな変化にも気づきやすくなります。 また、クリーニングによって歯をきれいにする習慣がつけば、今度は「きれいな歯をきれいなまま維持しよう」という意識が芽生えるようになります。 こうしたことが、さまざまな疾患を予防することにつながるのです。

歯科医師が歯みがき指導も行います

インプラント治療の主な流れ

当院では定期健診での検査・診察だけでなく、PMTCや歯みがき指導も歯科医師が行っております。 最初から最後まで一貫して同じ医師が関わることで、お口の中の小さな変化まで発見しやすいというメリットがあります。 また、いつも同じ歯科医師が担当するので、患者様にとっても悩みや不安を相談しやすくなるでしょう。 どんな小さいことでも、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

虫歯も歯周病も予防できる病気です

35.74925238064935,139.6553461349182

35.7495136,139.655668